A Scene at the Sea (1991) / あの夏、いちばん静かな海。

『あの夏、いちばん静かな海。』(あのなつ いちばんしずかなうみ)は、1991年公開の日本の映画。

ビートたけしが本名の北野武名義で監督した3作目の作品である。本作で初めて、音楽に久石譲が起用された。

 ・ amazon : A Scene at the Sea (1991) / あの夏、いちばん静かな海。

A Scene at the Sea (1991) / あの夏、いちばん静かな海。

収集車でのごみ回収を仕事とする聾唖の青年・茂(真木蔵人)がごみとして出された先端の欠けたサーフボードを見つけ、持ち帰る。彼はそのボードに発泡スチロールを継ぎ合わせ、同じ障害を持つ彼女・貴子(大島弘子)を誘い海へ向かう。

茂はサーフィンにのめり込み、貴子は砂浜に座っていつもそれを見つめていた。修繕したボードはほどなく壊れ、新品を買った彼はますますサーフィンに夢中になる。初めは茂をバカにしていた地元のサーファーたちも、サーフィンに打ち込む彼を見直すようになる。ついに茂は仕事を休みがちになり上司に叱咤される。しかしその後は上司の理解もあり、上達した腕前で大会での入賞も果たす。

そんなある日、いつものように貴子が海にやってくるが、そこには茂の姿は無く、波打ち際で漂う彼のサーフボードだけが残っていた。

関連記事

  1. Kikujiro (1999) / 菊次郎の夏

  2. HANA-BI (1998)

  3. TAKESHIS’ (2005)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。