HANA-BI (1998)

『HANA-BI』(はなび)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画・演出北野武。主演はビートたけし、岸本加世子。
妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。
第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。

 ・ amazon : HANA-BI (1998)

HANA-BI (1998)のあらすじ

不治の病に冒され余命いくばくもない妻(岸本加世子)を見舞っていた西(ビートたけし)は、自分の代わりに張り込んでいた同僚の堀部(大杉漣)が犯人(薬師寺保栄)に撃たれたとの知らせを聞く。堀部は命こそ取り留めたものの、車椅子を使わなければならない体になってしまった。西らはその後犯人を追い詰め、捕らえようとするも抵抗する犯人が発砲、部下の田中(芦川誠)が犠牲になる。西は犯人を射殺し、その死体に何発も銃弾を撃ち込む。

刑事を退職した西はヤクザから金を借り、妻に不自由ない生活を送らせようとするが、返済が滞っていく。妻と子供と別れた堀部は絵を描き始める。

西は妻を最後の旅行へ連れて行くために銀行強盗を行い旅に出る。途中でヤクザが追いかけて来たが皆殺しにし、最終的には元同僚の刑事に追い詰められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. A Scene at the Sea (1991) / あの夏、いちばん静かな海。

  2. Kikujiro (1999) / 菊次郎の夏

  3. TAKESHIS’ (2005)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。