TAKESHIS’ (2005)

『TAKESHIS’』(タケシズ)は、北野武が監督を務めた12作目の日本映画。 第62回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

キャッチコピーは「500% KITANO」「たけしがたけしを演じる」「『たけし』が『たけし』に出会う」

 ・ amazon : TAKESHIS’ (2005)

TAKESHIS’ (2005)のあらすじ

北野は役者をしているが全く売れずコンビニの店員をしながら生計を立てている。一方顔が北野と瓜二つのビートたけしは芸能界の大物として裕福な生活を送っている。ある日二人は顔を合わせるが、その日を境に北野はビートたけしの演じる映画の世界へと迷い込んでいく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. A Scene at the Sea (1991) / あの夏、いちばん静かな海。

  2. HANA-BI (1998)

  3. Kikujiro (1999) / 菊次郎の夏

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。