Violent Cop (1989) / その男、凶暴につき

『その男、凶暴につき』(そのおとこ、きょうぼうにつき)は、1989年8月12日公開の日本映画。北野武の映画初監督作。松竹富士配給。興行成績は、配給収入が5億円。

 ・ amazon : Violent Cop (1989) / その男、凶暴につき

Violent Cop (1989) / その男、凶暴につきのあらすじ

首都圏にある某都市に住む男、我妻諒介(北野武)は犯罪者を追い詰めるためには、暴力の行使も辞さない凶暴な刑事。ホームレスを集団で襲撃した少年たちの内、一人の自宅へ押し入って、少年に殴る蹴るの暴行を加えた挙句、警察署に出頭を強要した。

その行き過ぎた捜査と粗暴な性格から、勤務する港南警察署内でも危険人物として敬遠されていた。新たに警察署署長になった吉成から注意を受けるほど、警察という組織にあって浮いた存在の我妻だったが、自身を理解してくれる数少ない同僚と他愛もない冗談を言い、菊地という若い新人刑事が相棒となり、ある時は酒を酌み交わし、完全な孤立は辛うじて免れていた。さらに我妻には、精神障害を持つ妹・灯がおり、我妻は灯のことを大切にしていた。

そんなある日、港で麻薬売人・柄本の惨殺死体が発見される。我妻は菊地を引き連れ、柄本の常連客を捕まえては、例によって、殴る蹴るの暴行すら厭わない強硬な手段で捜査を続け、次々と犯行グループの全貌を暴いていく。捜査を進めるうち、我妻は親友の岩城刑事が麻薬を横流ししているという情報を得る。しかし直後、岩城は口封じのために、麻薬組織によって自殺に見せかけて殺された。そして、覚醒剤を密売する組織の首謀者として暗躍する実業家の仁藤、その手下で殺し屋の清弘の存在をつきとめた。しかし、勘の鋭い清弘は証拠隠滅のために次々に麻薬の使用人を殺害した上、灯を拉致してしまう。それを知った我妻は清弘を署に呼び出し凄まじい暴力を振るい、殺そうと仕掛けたものの、部下によって阻止され翌日、我妻は免職処分相当から吉成署長の温情的計らいで自ら職受する。

それでも我妻は、清弘への憎しみを忘れることができず知り合いの店から拳銃を購入し、実業家の仁藤のビルに押しかけた。だが仁藤は、清弘の事は相変わらず白を切り続けており、ついに我慢できなくなった我妻は仁藤を射殺する。そして、清弘の元に辿り着いた時には清弘は手下による攻撃で重傷を負っていた。それでも清弘は手元にあった短銃を我妻に向けて乱射した。だが撃たれても無表情な我妻は清弘に向けて拳銃を撃ち続け、最終的に清弘を射殺する。するとそこに現れたのは、既に麻薬依存症に陥った灯だった。屍となった清弘の懐を掻き毟る灯を我妻は呆然と見つめ、灯へ目掛けて銃弾を放った。まるで何事もなかったように我妻は呆然としたままその場を後にしたが、その途中で仁藤の組織の幹部・新開により頭部を撃ち抜かれ命を落とす。

新開が仁藤のあとを継ぎ、また菊地を岩城の代理に立て、麻薬の密売を続けることにした。新開が菊地に金を渡すシーンでこの映画は幕を閉じる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ANIKI (2001) / BROTHER

  2. Sonatine (1993) / ソナチネ

  3. Outrage (2010) / アウトレイジ

  4. OUTRAGE CODA (2017) / アウトレイジ 最終章

  5. Beyond Outrage (2012) / アウトレイジ ビヨンド

  6. Boiling Point (1990) / 3-4×10月

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。