Outrage (2010) / アウトレイジ

『アウトレイジ』(Outrage) は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。

キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。

過激なバイオレンスシーンや拷問シーンが数多く含まれるため、映倫でR15+指定を受けた。

 ・ amazon : Outrage (2010) / アウトレイジ

 ・ youtube : Outrage (2010) / アウトレイジ

Outrage (2010) / アウトレイジのあらすじ

関東一円を支配する巨大暴力団・山王会会長・関内(北村総一朗)は、傘下の池元組が麻薬を扱う村瀬組と兄弟杯を交わして親密になっていることを快く思っていなかった。関内は、自分の右腕である本家若頭・加藤稔(三浦友和)とともに、この2つの組を仲違いさせようと企て、組長の池元(國村隼)に対して「村瀬を締めろ(軽い制裁を与えろ)」と無茶な命令をする。

兄弟分の村瀬(石橋蓮司)相手に事を荒立てたくない池元は、配下の大友組組長・大友(ビートたけし)に対して、村瀬組を締めることを命令する。村瀬組若頭・木村(中野英雄)の思いがけない抵抗、池元の二枚舌、山王会内部の思惑などに翻弄されながらも、大友は歯医者で治療中の村瀬を残忍なやり方で襲撃し、村瀬組を締めることに成功。最終的に村瀬組は解散する。

大友は池元に不快感を覚えつつも、村瀬組のシマを事実上継承した。大友組の金庫番である若手組員の石原秀人(加瀬亮)は、得意の英語を駆使してグバナン共和国在日大使(ハーシェル・ペッパース)を美人局で脅し、無理やり在日グバナン共和国大使館内に闇カジノを作らせた。石原の闇カジノは経営的に大成功し、その収益を吸い上げることで大友組のシノギは莫大なものとなった。

しかし、引退した村瀬が大友組のシマで隠れて麻薬を売っていることが発覚すると、池元は再び大友をそそのかした。大友は村瀬が入浴していたサウナに乱入し、村瀬を拳銃で射殺する。ところが、関内はこのことを口実として、池元に対して大友を破門するよう言い渡す。池元が大友の破門を実行に移したことから、大友は怒りを露わにする。そして、大友は復帰すべく、ケジメとして左手の小指を指詰めするとともに、関内の元を訪れて許しを請うが、関内は「破門は池元の独断」だと言い捨て、逆に池元の殺害をそそのかす。そこで大友は、悪びれもせずに頻繁に大友の闇カジノに入り浸っていた池元を拘束し、無慈悲に殺害する。

関内は大友組が運営する闇カジノの利権を狙っており、池元組若頭の小沢(杉本哲太)に「組を継ぎたければ親の仇を討て」と煽って、大友組と池元組の抗争を仕掛ける。本家の手助けも得た小沢は、次々と大友組の組員を殺害し、彼らを追い詰めていく。部下を皆殺しにされた大友は旧知の悪徳マル暴・片岡刑事(小日向文世)の説得を受けて逮捕され、刑務所に入る。

山王会内部の抗争は終結し、小沢は関内の元に挨拶に伺うが、加藤に拳銃で射殺される。さらに加藤は続けざまに自分の横にいた関内を射殺し、その拳銃を小沢に持たせることで、あたかも小沢が関内を殺したかのように装う。

刑務所に入り身の安全を確保したかに見えた大友だったが、先に服役していた木村に刺される。加藤は組を継承して山王会の新会長に就任、抗争中に大友組を裏切った石原は、加藤の側近として今や「山王会の金庫番」と呼ばれていた。加藤と石原の元に片岡が現われ、昇進した自身の後任・山本刑事(貴山侑哉)を紹介するとともに、大友は木村に殺害されたと報告する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. OUTRAGE CODA (2017) / アウトレイジ 最終章

  2. Violent Cop (1989) / その男、凶暴につき

  3. Boiling Point (1990) / 3-4×10月

  4. Beyond Outrage (2012) / アウトレイジ ビヨンド

  5. Sonatine (1993) / ソナチネ

  6. ANIKI (2001) / BROTHER

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。